説明が苦手な方、説得力のある説明をしたい方はPREP法を理解しよう。相手に伝わり易い話ができるようになります。

ビジネス

ひとへの説明が下手でいつもうまく伝えられないという悩みはありませんか。

なぜうまく伝わらないか。それはただ、伝え方を知らないからなのです。

そこでPREP法を使えばひとにうまく説明ができるようになります。

この記事でPREP法を理解し活用することで、文章作成やひとへの説明・報告に対する不安が軽減され、仕事や日常のあらゆる場面で役立てることができます。

ここではPREP法をざっくり解説します。

長い文章を読むのが苦手な方も読みやすいように、短く簡潔にまとめています。

PREP法で解決できること

  • 文章作成が上手になる
  • 伝わりやすい話し方ができる
  • 説得力が増す
  • 相手の記憶に残りやすい

PREP法とは何か

PREP法とはプレゼンや文章作成などでよく使われている手法です。

下記の4つで構成されていて、PREPは各項目の頭文字をとったものです。

  1. Point(結論)
  2. Reason(理由)
  3. Example(具体例)
  4. Point(結論)

この流れがひとに物事を端的に説明する際に伝わりやすいとされています。

Point(結論)

まずは結論を伝えることで利き手が話の内容を把握できて、そのあとの話を理解しやすくなります。

最初に長い説明をはじめるとこのひとはいったい何を言いたいのだろうとなりかねません。

最初に結論を伝えることで、その結論についての説明がこの後はじまるのだと理解してもらえます。

Reason(理由)

結論のあとになぜそうなのか、その理由を説明します。

Example(具体例)

具体例を示します。前に説明した理由の具体例をあげることで内容をイメージしやすくなります。

数字やデータなどを表や図解にするとより分かりやすくなります。

Point(結論)

最後にもう一度結論を話すことにより、結論を印象づけて相手の記憶に残りやすくなります。

例文

Point(結論):ひとに説明するときはPREP法を使いましょう。

Reason(理由):なぜならば、この手法で伝えると説得力も増し相手に伝わりやすくなるからです。

Example(具体例):具体的には、いまでもプレゼン資料などで多く使われています。さらに結論を最初と最後に2回伝えることで相手の記憶に残りやすくなります。

Point(結論):そのため、ひとに説明するときはPREP法を使うことをおすすめします。

まとめ

PREP法の構成

  • Point(結論)
  • Reason:理由
  • Example(具体例)
  • Point(結論)

PREP法を使うメリット

  • 文章作成が上手になる
  • 伝わりやすい話し方ができる
  • 説得力が増す
  • 相手の記憶に残りやすい

PREP法を使えば、説明が苦手でも伝わりやすい説明ができるようになります。

プレゼン資料やひとに説明する際にこの手法を意識して活用してみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました